リレーコラム

小島信太郎


vol.67

2019/09/17

 本年4月に山科区から初当選をさせていただきました小島信太郎と申します。現在32歳、会派における最年少ということもありまして、リレーコラムのトップバッターを務めさせていただきます。
 自らの希望通り、初の所属委員会は教育福祉委員会となりました。市民の関心も高く、予算も幅広い保健福祉局をはじめ、2児を持つ、子育て世代の一人としても高い関心を持っております、子ども若者はぐくみ局、教育委員会に関する委員会です。
 委員会においては自由に一般質問の機会をいただけるので、一年生らしく積極的に質問に立たせていただこうと考えています。これまで、子ども若者はぐくみ局においては児童虐待について、教育委員会では小中一貫校の部活動について、というテーマで質問いたしました。
 直近では教育委員会にて、報道等でも注目をされております、夏休み明けの児童のケアについて質問いたしました。「子どもを大事にする自治体には、若者が集まり、若者が多くなれば、すべての世代が支え合える地域が築ける」。京都市の発展について、明るいイメージを持ちながら、今後も委員会や代表質問の場で声を上げていきたいと思っております。